タグ:植物 ( 53 ) タグの人気記事

いつもの花、三種三様

我が家から走って20秒の秘密の花園
最近はだんだん花数が減ってきました
とはいえ、自生の花なので肥料を撒く訳にもいかず
ひたすら残ってくれよと祈るのみ・・・
青紫のキクザキイチゲです
a0304423_00140674.jpg
葉っぱはまだそこそこあるのですが
a0304423_00141849.jpg
まだ早いってわけでもなさそうで。
白花は少しずつ増えています。白花は青より少し咲く時期が遅い。

そして、
数年前に見つけたオキナグサの群生地
自生なのか誰かが種を蒔いたのかわかりませんが
毎年増えて行ってます。
a0304423_00142954.jpg
見つけた年はすでに白毛の種の状態
我が家からは遠い場所なので(といってもまあまあ通るのですが)花の適期にあたりませんで。
今年は買い物の時でもカメラを毎回持ち歩いているのでやっとちょうどいい花期にあたりました。
a0304423_00144131.jpg
ふつうの道路の脇の法面なので水はけがいいから適地なんでしょうね。
この近くの河原は自生地だったらしいです。
a0304423_00145893.jpg
種の時に通りかかったら忘れずにまた写真撮ろうっと。
種期はオキナグサの名の由来になった白いヒゲ姿です。

そして、8年くらい前に三春町で買ってきた三春滝桜のクローン苗
なかなか花芽がつかずにいて
知人が「なんかね、しだれ桜を植えたヒトが30年経ってやっと花が咲いたって!」
なんてことを言ってたので
生きてるウチに花が見られないかも(;_;)なーんてがっくりしてたのですが
毎年樹冠下に肥料をやったり病気の場所に薬を塗ったりして
今年ついにつぼみがつきました(´。`)
三春滝桜子ちゃんです、ほら!
a0304423_00150887.jpg
貧相だって?!
いいんです、あの世に行く前に見られないかとあきらめてたんだから。
このくらいの花序が7つ確認できました。
三春滝桜母は約600歳なのだよ。
三春滝桜子ちゃん、
七日原の吹雪や強風に負けずにどうか長生きしておくれ。


[PR]
by zao480 | 2017-04-18 23:30 | 植物 | Trackback | Comments(2)

ふきのとうがやめられない

昨年、畑の裏の細竹藪があまりに進出してきたのに脅威を感じて全面竹伐採をしました。
そうしたら今年はその林床から、出るわ出るわ・・・
例年は竹藪のふちに出てくるヤツを少しずつ採っていたのです。

a0304423_16300421.jpg
写真だとそんなに目立たない(゜_゜;)でもこの画面内に10株はあります。
畑の裏全体だと100株以上ありそう。
で、ひとつひとつに
a0304423_16301741.jpg
こんなかんじで次々芽が出てくる。
大きいのを採ると次点が膨らむ。
この株で4つ見えてます。
ということはウチの裏だけで500ふきのとうはあるってことか!!
採っても採っても次々出てくる。

一回数分でこの量。
ねじり採るので手が痛くなる。
a0304423_16303045.jpg
近所に分けても全然無くならない。
去年はふきのとうの味がずっと食べたくて「ばっけ味噌」を多く作って冷凍しておいたのですが
やっぱり解凍して食べるのはそれほど美味しくありませんでした。

いい香りだろ?
あずきが、フンフン?
a0304423_16305437.jpg
ほれ、マリオ、お前にも嗅がせてやろう。
フンフン??
a0304423_16311161.jpg
ふきのとうリッチのばっけ味噌を、また大量に作ってしまった。

魚のフライにばっけ味噌
湯豆腐にばっけ味噌
もちろんご飯のお供にばっけ味噌
ばっけ味噌チーズトースト
そのままワインのつまみにも
そしてふきのとうの天ぷらにばっけ味噌  オイ(^_^;)


毎日食べないと気が済まない、ばっけ中毒みたいになってしまいました。
これで季節が終わったらどうするんだ、と思いますが
これが意外に平気になるんですね。
多分うしろにタラノキ・コシアブラ・シーズンが控えているからでしょうね。
あー、言ってるそばからもうコシアブラご飯が食べたくなってきた。

このふきのとう、先程スーパーにいったら、ほんの7,8個で300~400円とまあ高いこと!!
今年もふきのとう食い放題の贅沢三昧でした。

おっ、ハビエルフェルナンデス、おまえにも嗅がせてやろう。
a0304423_16312351.jpg
そんなもん、いらんわい!
カリカリご飯くれ!!

[PR]
by zao480 | 2017-04-04 16:54 | グルメ | Trackback | Comments(12)

おすすめ本

おすすめ本、といってもちょっと高いので、買って買って~、とは言えないのですが。
今日発刊されたそうです。

a0304423_23343824.jpg
お仕事仲間(というか先生)が苦労してやっと完成しました。
表紙画像は標高480m撮影、中にも私が撮った画像とデータが載ってます。

クリスマスだけに「クリ」なんちゃって(^_^;)。

図書館で見かけたら是非手に取ってみて下さい。


[PR]
by zao480 | 2016-12-24 23:45 | 考古学 | Trackback | Comments(2)

カブトムシの暴挙3年目

我が家のコバノトネリコにカブトムシの大群が押し寄せるようになって3年目になる。
やっぱり今年もやってきました。
a0304423_00060280.jpg
しかも去年より多くのカブトムシ群が。

シャッター1回押すと
a0304423_00062217.jpg
一気に9匹写った(゜Д゜)
赤い矢印入れてみたんですけど・・・もっと大きくすれば良かったかな・・・目立たない(゜_゜;)

なんだか知らんけど、この木がちょうどいいらしい。近所のコバノトネリコを見て歩いても1匹も留まってないんです。

ウチから見て、30匹くらいかな~なんてお隣さんに話したら、お隣さんから見ると倍以上いるらしい。

夜に犬を庭に出すので外灯をつけると凄いことになってるらしいです(゜Д゜)。

もちょっと拡大すると
a0304423_00063485.jpg
いっぱい溝みたいなのが入ってるでしょう。これ全部カブトムシがガリガリやって傷つけた跡。
そう、彼らは積極的に傷つけて樹液を出しているんです・・・オソロシイ・・・

原因の1つはコレ
a0304423_00070237.jpg
裏の広大な畑に牛糞まいてる。
この中には夥しい数の甲虫の幼虫が!! しかも太っちょ揃い。

美味しい臭いをかぎつけてさまざまなスズメバチも沢山来ます(>_<)

夜は窓に一匹ずつおでまし。
a0304423_00071238.jpg
なかなか立派です。
a0304423_00072376.jpg
ご近所さんやお友達に結構あげましたが、減った様子無し(+_+)

ところがある日、枝を見たらほとんどいない!?

少し離れた木にカラスが留まってました。うわー、コイツだ。

そのうち数羽で来てカブトムシの成虫を補食しているようでした。
木の下には残骸が~~(>_<)

全くいなくなったように見えたけど、カラスが来ると葉の多い枝などにさっと隠れてました。

今年はまだ大丈夫そうだったけど、来年もまた同じくらい来ると
ウチのコバノトネリコは枯れるかも・・・

[PR]
by zao480 | 2016-08-12 23:45 | 自然 | Trackback | Comments(6)

一面のヤマユリ

7月の終わりでしたが、満開の知らせを受けて、ヤマユリを見に山形の小国に行ってきました。
a0304423_23481982.jpg
まだらに日が当たっているとよくわかりませんが・・・
管理小屋のまわりはユリまたユリ
a0304423_23483281.jpg
おととしだったかはサルやカモシカに食べられてほとんど咲いていなかったこの場所も
今年はヤマユリでギュウギュウ(゜Д゜)

ところが上のクリ林に行くと・・・

a0304423_23484602.jpg
ヤマユリがない?? と思いきや、茎葉はあるけど花がない。

a0304423_23485791.jpg

実はつぼみの時にカモシカに囓られてしまっているのでした(>_<)。
カモシカは甘いものが好きみたいです。

管理人さんのお気に入りは、赤い斑点が大きいユリ。群生地の咲き始めの頃は黄色い筋が赤っぽい花もあったそうです。
a0304423_23495262.jpg
周囲に種が飛ぶらしく、少しずつ増えているそうです。

ついでのおみやげも頂きました。
a0304423_23491373.jpg
ふふふ、チチタケです。
帰りにマタギのおじさんの家に寄ってお昼にチチタケだしでそうめんを頂きました。
ものすごいコクがあるそうめんつゆでした。

このチチタケ、もともと小国では食べる人が少なかったそうです。関東ナンバーの盗採があまりに頻繁にあるので地元の人が食べたところ美味しくて、最近は地元の方達がこまめに取るようになりました。

[PR]
by zao480 | 2016-08-07 23:30 | 植物 | Trackback | Comments(2)

蔵王ハーブでバジル摘み

これまた6月の上旬、ご近所さんと3人、誘い合わせて蔵王ハーブの温室にバジル摘みに行きました。
袋に詰め放題で500円。
a0304423_17312566.jpg
花が着き始めているのもあって、早く摘んだ方がいいみたいです。
腰が痛くなるくらい頑張りました。

温室の奥にはでっかいスイートフェンネルが!!
a0304423_17313845.jpg
人の背より高くてうちのと同じとは思えん(゜_゜;)

バジルはドライにしました。もうすぐできるので楽しみです。

[PR]
by zao480 | 2016-06-24 17:35 | 植物 | Trackback | Comments(4)

ウダイカンバ@蔵王

5月中旬の鹿児島行きの直後、ウダイカンバの花を撮影するため山に探しに行きました。
宮城県側にも我が家くらいの標高から澄川スキー場の下あたりまでウダイカンバは沢山あるのですが、双眼鏡で見てもさっぱり雄花が下がっていません。(実は我が家にも飛んできたタネで生えた木があるのですがまだ小さすぎて花が咲いてません。)
そこで山形側へ。
このときはまだお釜の少し下の沢も雪がかなり残っていました。
a0304423_23303960.jpg
山形側、ライザスキー場の中間あたりまで下りるとふたたびウダイカンバ分布域に入ります。
でもまだこの高さだと葉がまったく展開していないのでウダイカンバかダケカンバかの見分けが微妙な木もありました。
下の画像は木肌が肌色っぽいのでほぼウダイカンバかな。
山形側のウダイカンバはめいっぱい花がぶら下がってました。
a0304423_23305604.jpg
さらに下りていくと葉が展開している木が出てきました。
a0304423_23311370.jpg
ほぼ全ての葉の基部が深い心形でもうかなり大きく、木肌も肌色っぽい白で、これなら間違いない。
a0304423_23312728.jpg
ウダイカンバの雄花、シラカンバやダケカンバと比べると長めで太いです。
雌花も長く伸び始めていました。
a0304423_23314681.jpg
雄花はちょっと終わりかけでしたがウダイカンバと分かる画像が撮れて良かった~。


[PR]
by zao480 | 2016-06-09 23:58 | 植物 | Trackback | Comments(6)

ふきのとう

1週間前くらいから気にしていたふきのとうがやっと大きくなってきました。

ほぼ毎日一緒になるスパ友(すなわちご近所の公衆温泉友達)さんが数日前にばっけ味噌を分けてくれたので、一気にふきのとうを食べたい欲求が加速(゜_゜;)
でも使ったふきのとうは温泉街よりもっと下の林で採ってきたんだって。
実は我が家の裏はまるでふき畑のように沢山顔をだしている。だがここのところ毎日のように朝は積雪があってなかなか大きくならなかった。
a0304423_23572529.jpg
少し大きくなっては雪が降って。
でも油断していると大きくなりすぎてしまう。
a0304423_23573897.jpg
これくらいが手頃かな。
今日はかなり暖かくなるらしいので早めにとって冷蔵庫に入れておくかなぁ。

粉雪っぽいのも降るのですが、その上にコロコロ見えているのは粒状の雪。
ということは暖かくなってる。
a0304423_23574968.jpg
今日はふきのとうの天ぷらでもしようっと。

[PR]
by zao480 | 2016-03-06 00:12 | 植物 | Trackback | Comments(10)

顕微鏡の中の虹

スギの木材切片を顕微鏡においたままにしてしまった翌朝
窓のカーテンを開けると顕微鏡に朝日が差し込んだ。
日光の入射角がちょうど良かったらしく
プレパラートの柾目薄片の中に虹が光っているのに気づく。

a0304423_00244053.jpg
これまた、たまたま撮影装置もつけっぱなしだったのですぐ撮影できました。
ミクロの世界のちっちゃな虹。

[PR]
by zao480 | 2015-12-13 00:32 | お仕事 | Trackback | Comments(4)

ブナの実

蔵王もまだ異常に暖かいのでキモチワルイですが
見た目はいよいよ晩秋になってきました。
a0304423_23065034.jpg
時々植物のいろんな部分の構造を確認する必要があって
たいていは手持ちの標本を見ればすむのですが
ブナの実を確認する必要があって標本を確認したらしなびてました(+_+)
でもね、ふふふ、立地条件がいい我が家は探しに行けばいいのです。
ちょうどブナの実が落ちている季節。
a0304423_23070157.jpg
太くて白い班紋があるのがブナの木。
地面を探す前に木の上を見て実がなっていることを確認しなければなりません。
a0304423_23071190.jpg
なってる、なってる。
今年のブナは比較的豊作の木が多いのでこの木の下をひたすら探します。
a0304423_23072318.jpg
あるある。
気をつけなければいけないのは、ブナの果実は見た目熟してても中身は不熟の場合が多いこと。
割って中を確認するか、かなり多めに採集していかないと、全部スカ! なんてことも。

やはり、15個くらい拾ったうち4個しか充実していませんでした。

地面に落ちている茶色い固い△の状態が「果実」なのですが。

この固い皮を剥くと柔らかいのが出てきます。
果実の皮を剥いたので中身は種子。
a0304423_23073319.jpg
ちょっと剥いちゃったけど、赤茶色の柔らかい皮がブナの「種皮」。

その中に見えている白い塊がブナの「子葉」です。

ブナみたいな広葉樹は双子葉といって、芽生えの時に双葉が出てくる。つまり2枚に分かれている子葉が果実の中に折りたたまれている構造になっているのです。
この子葉の折りたたまれ方が種類によって違うのです。
例えば皆さんがよく知ってるピーナツなどは、ラグビーボールみたいなタネで単純に真ん中ですぱっと分かれる構造になっていますね。

ブナはどうかな?
種皮を剥いてお尻から見てみたら不思議なしわ。
a0304423_23074229.jpg
単純に半分で割れる構造ではなさそうですね。

で、子葉の横断面を見てみる。

a0304423_23075103.jpg
へえー、けっこう複雑な構造をしてました。
こんな風に折りたたんで三角形になっているなんて!! 

いまの流行でいうところの  びっくりぽんや!


[PR]
by zao480 | 2015-11-17 23:47 | 植物 | Trackback | Comments(6)


蔵王の山麓から世界を眺める


by zao480

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ブログ
植物
ネコ
自然
写真
人生
グルメ
考古学
宿
芸術
宮城
神戸
京都
音楽
観光
お仕事
九州

東京
おもちゃ
編み物
乗り物
洋裁
未分類

フォロー中のブログ

生きる詩
ねこのあくび
天気晴朗なれど~
山歩風景
農場長のぼやき日記
オバサンが行く ヒマラヤ...
龍人日記(2)
花工房にこる
ヒラードのOH!!蔵王
うさしゃんのお写真日記
Atelier Sh...
花のこみち

外部リンク

最新のコメント

お〜、アナグマ、、、今年..
by aoikesi at 08:55
sidu-hahaさん(..
by zao480 at 16:31
すごい~^土偶ガチャがあ..
by sidu-haha at 10:05
らいだぁさん(^_^)/..
by zao480 at 23:07
hirokoおやびんさん..
by zao480 at 23:02
aoikesiさん(^_..
by zao480 at 22:54
kimiko shiba..
by zao480 at 22:51
土偶がちゃ、名古屋市博物..
by rider_rijicho at 18:03
噴いたじゃないですかza..
by hiroko_wada at 16:22
土偶ガチャ!? 面白い..
by aoikesi at 09:03

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

開花宣言、と憎めないヤツ
at 2017-04-22 23:16
八戸でした
at 2017-04-20 23:30
いつもの花、三種三様
at 2017-04-18 23:30
猫放牧(散歩)久々
at 2017-04-14 23:23
遅ればせながら春
at 2017-04-09 23:34

記事ランキング

検索

タグ

(143)
(100)
(55)
(53)
(42)
(26)
(25)
(19)
(18)
(14)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

最新のトラックバック

コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..

ブログジャンル

自然・生物
猫

画像一覧